気になるほくろは皮膚科で除去施術を受けましょう

ほくろって何?

ほくろというのは、誰の肌にもあるものですから、日頃あまり気に留めないものかもしれません。
でも、皮膚の上でその部分だけ青黒くなっているわけですから、他の皮膚部分とは異なる何かしらのものではあるわけです。
ほくろは、医学的には色素性母斑(しきそせいぼはん)または、母斑細胞性母斑(ぼはんさいぼうぼはん)と呼ばれています。
母斑細胞というメラニン色素をもつ細胞が増殖することでできるもので、良性の皮膚病変のひとつです。
ほくろには様々な種類があります。
見た目にも、黒っぽいものや茶褐色のものがありますし、その大きさもそれぞれです。直径数ミリ程度の小さなものから、直径1センチ程度の大きなものまであります。出来る部位も人によってマチマチです。
また、ほくろは、境界型と複合型、真皮内型などのタイプがあります。境界型というのは、表皮と真皮の境界部で母斑細胞が増殖しているタイプ、複合型とは境界部と真皮の内部両方で母斑細胞が増殖しているタイプ、真皮内型は真皮内で母斑細胞が増殖しているタイプです。大人になるにつれて、多くのほくろは真皮内型に変化していきます。

このように、ほくろは皮膚の色素変化によって生じる症状ですが、ほとんど場合には良性で放っておいて問題ないものなのです。
しかし、まれに悪性のほくろがあるのです。また、重大な病気のサインであることもあります。