気になるほくろは皮膚科で除去施術を受けましょう

きれいな肌の女性

皮膚科を選ぼう

ほくろを除去したいという場合、皮膚科や美容皮膚科に行って施術を受けるのが一般的です。美容外科でも施術を行っているところもありますね。
ほくろの除去施術は、施術の性質上、傷跡が残りやすいといわれています。
取りたいほくろの大きさや状態(盛り上がっているか、平面か)によっても、どのような施術が最適かどうかは違いますし、施術によって痕の残り方にも大きな差があります。

特に何か医学的な問題があるわけではなく、あくまでも審美的な観点からほくろを取りたいという場合、その部位は顔や首などの見える範囲であることがほとんどでしょう。
おしりや背中といった人からは見えない部分であれば、さほど気にする人もいないでしょう。
顔や首など人目につきやすい部位の施術の場合、施術後傷が残ってしまうのは避けたいところですよね。せっかく皮膚科で除去施術を受けても、今度はその傷跡が気になるというのでは意味がありません。
ですから、ほくろ除去の施術を受ける場合には、信頼できる医師を見つけて施術を受けることが大事です。
ほくろ除去の施術は、機械に頼るのではなく医師の腕にかかっているところが大きいです。
ですから、これまでにも施術を多く行ってきており、評判のいい医師を探しましょう。

皮膚科を探すときのポイントとして、やはり口コミを参考にするのは良いでしょう。実際に施術を受けた人の声は信頼に値します。口コミサイトを見て評価を比較するといいでしょう。
その上でいくつかの皮膚科をピックアップして、まずは相談にいってみましょう。
複数の皮膚科に行ってみることで、見えてくることもたくさんあるでしょう。

病院を選ぶ際には、カウンセリングをしっかり行ってくれるところがおすすすめです。カウンセリングを担当した医師と施術を担当する医師が同じ人かどうかも重要です。この点は、美容外科での整形手術や美容施術を受ける際にも重要なことですが、見解のすれ違いや誤解をなくすためには、最初から最後まで同じ医師が担当するというのがベストなのです。
また、カウンセリングの際に、リスクや副作用、施術後の腫れや傷あと、痛みなど、施術を受ける上で被るかもしれないマイナス面に関する説明をしっかりしてくれるかどうかも大切です。患者さん一人一人にとっては、ほくろ除去の施術を受けるというのは大きな決断です。ですから、一人一人に対して真摯に向き合ってくれる医師がいるかどうかは重要です。

また、院内の清潔感も皮膚科を選ぶ際にはチェックすべきポイントです。
院内の待合室やトイレ、洗面所などが清潔な状態で保たれているかを見れば、その皮膚科の衛生面に対する意識がわかります。感染症や合併症などのリスクは、病院内スタッフの衛生意識の低さが助長しているということもあります。

医師と看護師の関係性が良好であるかということも良い病院か悪い病院かを判断する材料になります。
医師と看護師のコミュニケーションがきちんと取れており、お互いに信頼し合いながら仕事をしている病院であれば、院内の雰囲気は自然と良いものになっているでしょう。
そのような病院であれば、カウンセリングや施術、アフターケアといった一連の施術に関する見解の違いやすれ違いを防ぐことができるでしょうし、コミュニケーション不足や伝達ミスによるトラブルを防げるはずです。