気になるほくろは皮膚科で除去施術を受けましょう

どうしよう

悪性のほくろ

普通の人が見たら、ほくろの良性と悪性を判断することは不可能でしょう。
素人目にはただのほくろに見えるものでも、実は病気のサインであったり重大な病気であることがあります。
ただのほくろに見えるものでも、実はガンや悪性黒色腫や基底細胞癌だったということもあるのです。
このような悪性のほくろの特徴は、急に出現したり急に大きくなったりということです。また、表面の出血、色のにじみ、色の変化、急に盛り上がってきた……こういった症状も見受けられます。
もしも、ご自身の身体に、「最近ほくろが増えてきたな」とか「最近ほくろが大きく目立つようになってきたな」というような自覚症状があるのであれば、念のために皮膚科に受診して調べてもらうといいでしょう。

また、ほくろに痛みやかゆみがある場合にも、早急に病院にいって診てもらったほうがいいでしょう。
こういった症状がある場合、ほくろのガンである可能性が疑われます。これは、メラノーマという病気で、メラニンを生成するメラノサイトの細胞が変容することで発生します。
メラノーマの場合には、早急な摘出手術が必要となることもありますから、放っておかずに病院での診断と適切な処置を受けられるようにしましょう。